2018年04月10日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

ちょうど4月5日(日本時間 4月6日)に Update 16.13.0(18040408) の配信が始まったことをご紹介しましたが、実は、このリリース。PowerPointでは、Delキーが使えず、オブジェクトの削除や入力した文字の削除が利用できなかったり、また矢印キーが機能しなかったりしていました。Excel でも同様に、図形などのオブジェクトの削除が出来ないという既知の問題が確認されていました。

今回、その修正版として、さらに更新プログラムが提供されております。

今回配信されているプログラムは以下の通りです。

20180410-10.png


・Outlook Update 16.13.0(18040900)
・Excel Update 16.13.0(18040900)
・OneNote Update 16.13.0(18040900)
・Word Update 16.13.0(18040900)
・PowerPoint Update 16.13.0(18040900)


内容的には、前回の Updae に伴い判明した既知の問題のうち、早急に対処が必要なもののみ先行して修正されたという感じようです。

もちろん私が確認しているもの意外にも多々あるのかもしれませんが、Insider Fastのリリースノートではまだ情報が更新されておりませんので、どの部分の不具合が解消されているかの詳細については、不明です。

それから、念のためお知らせしておくと、前回の Update で、不具合を確認しから、同様に PowerPoint 2011 そして、Excel 2011 でも動作を確認してましたが、Excel 2011 において、いつぐらいからなのか?詳細がわかりませんが、DELキーによる図形オブジェクトが削除できないという不具合を確認しています。写真などであれば問題ないのですが、円や矩形などの図形オブジェクトの場合、DELキーに限らず、Optionでも、Control でも、キーを押すと、テキストの編集モードになってしまい、オブジェクトが削除できません。

ただし Office 2011 については、昨年サポートも終了した製品なので、この不具合が修正されるのか?がわかりませんが、一応フィードバックということで報告はしてありますので、今後何かあればこちらについても、ブログにて報告させていただきます。


<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook for Mac Insights
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Update history for Office 2016 for Mac
TechCommunity Blog

posted by クリック at 14:26| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年4月末にてOffice Viewer の提供が完全に終了

昨年から次々に提供が終了している Office Viewer。このブログでも、以下の様に取り上げさせていただきました。

Word Viewer の提供終了と、各Viewerソフトのサポート期限

ちょうど、昨年11月に Word Viewer の提供終了するということで、昨年の9月に取り上げさせていただいたわけですが、Viewerソフトにはそれ以外にもまだ引き続き提供が続いていたものがありました。

それが、

20180410-2-2.jpg

Excel Viewer
PowerPoint Viewer
PowerPoint Viewer 2007


についても、この4月末をもって、これらの製品の提供が終了いたします。

20180410-1-1.jpg 20180410-1-2.jpg

今回のサポート終了に伴い、Office Viewer のすべての製品の提供・サポートが終了することになります。


【Viewerソフトの代わりになるもの】

Office Support Team Blog JAPANのブログの中、"PowerPoint Viewer の詳細項目より抜粋" ということでも触れていますが、

20180410-2-1.jpg

・Windows 10 の場合:
Windows 10 用には、Office Mobileというソフトがあります。Office365 のサブスクリプションがあれば編集機能なども利用は可能ですが、サブスクリプションをお持ちではない場合には、Viewerソフトとして利用が可能です。

・Windows7/8.1 の場合:
無料で取得可能なMicrosoftアカウントがあれば、OneDrive上に、Office製品のデータをアップロードすれば、無料で使用可能な Office Online を利用してご利用いただけます。
当然デスクトップ版とは異なりますが、Office Online でご利用の場合には、一部編集機能も利用可能になります。その機能の違いについては、以前に取り上げました "Office Online と デスクトップ版 Office との違い" の記事をご覧ください。

それ以外にも、DropBoxや、Boxなどのサードパーティのストーレッジでも、Office Online は利用可能なので、そちらをすでにご利用であれば、そちらに Upload してもご利用可能になります。

Windows Liveメールもそうですが、時々サポートやダウンロード配布の終了した製品が、フリーのダウンロードサイトなどで配布されているケースがみられますが、Microsoft以外のそうしたサイトから配布されているようなものについては、マルウェアが仕込まれていたりするケースも多いので、安易にダウンロードすることのないよう、くれぐれもご注意ください。


<参照>

Office Viewer 製品の提供終了について
End of support for the Excel and PowerPoint viewers and the Office Compatibility Pack
Office Online と デスクトップ版 Office との違い


Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)



Microsoft Store (マイクロソフトストア)


posted by クリック at 12:08| 東京 ☀| Comment(0) | その他Office製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする