2018年01月23日

SVGグラフィックスの変換

Office 2016 において、月次チャンネルにて、SVGグラフィックスが扱えるようになったのは、 2016年12月6日に配信された、Ver.1611(7571.2072) からのお話なので、かなり以前のことになります。

Office 365 クライアント更新プログラムのチャネル リリース

上記のところにアクセスしていただいて、月次チャンネルで、2016年12月の更新内容を確認すると、すぐにお判りいただけます。

この機能は、Word2016/Excel2016/PowerPoint2016/Outlook2016 の各アプリで利用が可能になっています。
Office Insider向けにはさらにさかのぼって、2016年11月になるのでかなり前からのお話になります。





さてこうしてすっかり同じみになったアイコンですが、今回の、月次チャンネルのアップデートでさらに追加された機能に、こうして挿入された SVGアイコンを図形に変換する機能があります。

今回はこの機能についてご紹介いたします。

【SVG 画像を挿入する】

別にSVGグラフィックスをご自身でご用意いただいたものでも問題はありませんが、Office には、"アイコン" という機能があります。このアイコンで挿入されるデータが、"SVG" グラフィックスになります。

1) PowerPointなどのアプリを起動

2) 挿入タブ>アイコン とクリックし、必要なアイコンをクリックして選択し、挿入をくりっくします

20180123-1-1.jpg 20180123-1-2.jpg


【SVG画像を加工する】

Microsoft Office 2016 で SVG 画像を挿入します

上記のサイトでも紹介されていますが、挿入されたSVG画像は、従来も、画像を選択して書式タブを開くと、スタイルを適用したり、トリミングをしたりといった加工は可能でした。

20180123-2-1.jpg

ただし今回はさらに、挿入されたSVG画像を、Office画像に変換するという機能が追加されました。

1) 画像を挿入後選択された状態で、書式タブの "図形に変換" をクリックします

20180123-2-2.jpg 20180123-2-3.jpg

2) "Microsoft Office 描画オブジェクト" に変換するか?聞いてきますので、"はい" をクリックします

20180123-2-4.jpg 20180123-2-5.jpg


* またこれは、SVGデータのグループ化を解除しようとしても同様に、Office描画オブジェクトへの変換が要求されます。

20180123-2-6.jpg

変換された SVGグラフィックス は、Office 描画オブジェクト に変換されたことで、これまでであれば、トリミングとスタイルの適用ぐらいしかできなかった加工がさらに、グループ化を解除して、個別のグラフィックデータとして加工が可能になります。

Insider Fast: Ungroup Icons (and SVGs) into Shapes

ちょうど、上記で、Office Insider 向けに機能た適用された際の解説が出ていました。

仮にスタイルを適用するにしても、オブジェクトをばらして、個別に適用できるようになります。
また実際に比べてみると、SVGグラフィックのままの状態で適用できるグラフィックスのスタイルの数と、Office描画オブジェクトに変換した後に適用できるスタイルの数も数段違いがあります。

20180123-3-1.jpg
20180123-3-2.jpg 20180123-3-3.jpg

* 書式から設定するスタイルについても、変換前と変換後では名称が変わります。 

変換前:グラフィックのスタイル  変換後:図形のスタイル



【無料で利用できるその他のアイコン】

これはちょっと話がそれますが、エバンジェリストのものえさんが、Twitterで紹介していた、"heroicons-ui" というGitHubにて公開されていた SVG アイコンです。

無料で利用できるものです。

アイコンはシンプルなのが使いやすい!WebサイトやアプリのUIにぴったりな無料のSVGアイコン -Heroicons UI

こういうものもネット上で探すといろいろあるんでしょうね。

また、Inkscape というフリーの ベクトルグラフィックスソフトがあります。
これで作成した画像は、通常標準では、SVG形式で保存されますので、PowerPointにて、取り込んだ上で、Office描画オブジェクトに変換しみると、ご覧の様にさらにかなりの自由な形で調整ができるようになります。

20180123-4-1.jpg 20180123-4-2.jpg

いろいろなツールと組み合わせていくことでさらに利用できる範囲が広がりますね。

ぜひご活用ください。


注意アイコンの挿入SVGデータの変換機能は、Office 365 サブスクライバー向けの機能です。


<参照>

"アイコン" 挿入機能の利用と、Microsoftが提供する無料で利用できるアイコンセット
Microsoft Office 2016 で SVG 画像を挿入します
SVG 画像を挿入する
Office 365 クライアント更新プログラムのチャネル リリース
NEW! Insert Icons in Office 2016
Office Insider更新履歴
Insider Fast: Ungroup Icons (and SVGs) into Shapes
アイコンはシンプルなのが使いやすい!WebサイトやアプリのUIにぴったりな無料のSVGアイコン -Heroicons UI
INKSCAPE


Microsoft Store (マイクロソフトストア)


posted by クリック at 17:29| 東京 🌁| Comment(0) | MicrosoftOffice共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする