2019年10月16日

Office 2010 のサポート期限

Windows 7 のサポート期限が迫っていることは、Windows 7 ご利用のユーザーの方だったりすると、ブラウザを起動して Microsoft のWebサイトにアクセスすると表示されたり、メディアでも様々なところで報道されているのでご存知かと思います。

20191015-2-1.jpg

さてそんな中、Office 製品だって当然サポート期限があります。意外と気が付かないうちにじわじわ迫りつつあるのが、今回ご紹介する "Office 2010"。そうなんですね、こちらのサポート期限も1年を切りました。

残りの 1年という期間は、次の製品にステップアップするための準備期間。ぼちぼち Office 365 などへのステップアップの時期ってことですね。


【サポートが終了したコンシューマー向けOffice製品】

Windows 版でいえば、Office 2010 の一つ前になる、Office 2007。Mac 版でいえば、Office 2016 の一つ前になる、Office for mac 2011 までの製品はサポートが終了しております。

・Office 2007 終了日:2007年10月10日
・Office for mac 2010 終了日:2017年10月10日


Windows 7 は、来年早々にサポートが終了しますが、Office 2010 も来年にはサポートが終了しますので、くれぐれもご注意ください。

ところで、一般的には、2020年1月14日でサポートが終了する Windows 7。
一方で、以下のような報道もあります。


これは法人向けに提供される有料のオプションサービスです。一般向けには提供されませんのでくれぐれも勘違いされないようご注意ください。
メディアでも報じられていますが、運用コストを考えるとよっぽど大企業ではない限りは、この Windows 7 ESU(Extended Security Updates) も、必ずしも得策ともいいきれないようです。


<参照>




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
posted by クリック at 12:20| 東京 ☁| Comment(0) | MicrosoftOffice共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

先日から、Micrsofot AutoUpdate の画面も一新されて、Update をチェックするのもなんとなくこれまでと違っていて多少の違和感もありますが、これも慣れて仕舞えば一緒なんでしょうね。

さて、10月12日(日本時間10月13日)付で次の更新プログラムが到着しておりました。ちょうど台風19号のおかげでワタワタしてたので、すっかり更新のチェックができないでいました。今回配信されているプログラムは以下のとおりです。

20191015-1-1.png 20191015-1-2.png

・Microsoft Excel 16.31.19101400
・Microsoft OneNote 16.31.19101400
・Microsoft PowerPoint 16.31.19101400
・Microsoft Word 16.31.19101400

今回の更新内容に関する情報は、現時点では更新されておりませんでした。リリースノートを確認すると、前回の更新について Excel で、既知の問題の修正がだいぶ入ったようですので、詳細は Office Insider のリリースノートのページをご参照ください。

現在の Microsoft AutoUpdate になってからは、以前のように Update という表示ではなく、アプリそのものの名称と今回提供されている新しいバージョン、さらに Update前の状態(更新プログラムのバージョンとインストール日)が表示されるようになりました。

さらに従来のような更新内容を確認するためのリンクは無くなりました。

ところで更新チャンネルについてですが、Microsoft AutoUpdate が新しくなって、更新チャンネルの設定・変更は、以下のように、Microsoft AutoUpdate を開いて、"詳細設定" をクリックすると変更できるようになっています。

20191015-1-3.png 20191015-1-4.png 

Microsoft AutoUpdate で表示される更新情報ですが、ちょっと実際のものと違うようです。Updateしても、表示が反映されておりませんでした。Microsoft AutoUpdate 自体も、10月15日付で更新されているようですので、まだまだ新しい Microsoft AutoUpdate も動作が安定はしていないのかもしれません。こちらはのちほどフィードバックしておきましょう。





Microsoft Store (マイクロソフトストア)

posted by クリック at 11:34| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

Office 365 の更新情報にサポート期限の情報が追加!

Office 365 ProPlus の日付別更新プログラムのリリース情報に、各バージョンのサポート期限が提示されるようになりました。

20191008-5-1-1.jpg 20191008-5-1-2.jpg

通常、Update は、自動的に行われていきますが、バージョンアップしないで使用されているケースの場合には、サポート期限には注意する必要があります。

一般ユーザーの場合には、月次チャンネル(Monthly Channel)のところになりますが、法人ユーザーの場合にはそれぞれ導入されている更新チャンネルによって異なります。


【更新チャンネルについて】

一般ユーザー向けのものは、区別されておりませんので、通常、ここでいうチャンネルという区分けでは、"月次チャンネル" といっしょになりますが、法人向けの Office 365 ProPlus の場合には、更新頻度が異なります。ということで、この "更新チャンネル" というのがポイントになってきます。

20191008-5-2.jpg

・月次チャンネル:
最新プログラムが公開されるとすぐに更新され、常に最新の状態を維持していきます。

・半期チャンネル:
6か月ごと、1月、7月に更新されていきます。

・半期チャンネル(対象指定):
6か月ごと、3月、9月に更新されていきます。

上記の更新モデルの図などが非常にわかりやすいかと思います。


<参照>





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
posted by クリック at 10:55| 東京 🌁| Comment(0) | MicrosoftOffice共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

Microsoft AutUpdate が更新されて、その新しい画面にまだ馴染めてないんですが、次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日検出された更新プログラムは以下のとおりです。

20191011-1-2.png 20191011-1-1.png

・OneNote Update 16.31.0(19100906)
・Outlook Update 16.31.0(19100906)
・PowerPoint Update 16.31.0(19100906)
・Word Update 16.31.0(19100906)

これまでと同じような形で今回は書いて見ましたが、Microsoft AutoUpdate の中では、以前と異なり、配信日や更新プログラムの内容についてのリンクなどは無くなったようです。

リリースノートをみると、Outlookについては、前回の更新に関する情報が上がっていますので、後ほど確認した上で再度ご紹介させていただきます。それ以外の製品については、特に情報は現時点では上がっていないようです。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 09:48| 東京 🌁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

Microsoft AutoUpdate の表示が変わった

先日、Catalinaに更新された macOS ですが、先日の Office for Mac の更新では、特に Microsoft AutoUpdate はなかったと思ってましたが、本日確認したところ、Microsoft AutoUpdate の表示方法も変わったようです。

どのように変わったか?と言うと、Officeのアプリを起動して、ヘルプ>更新プログラムのチェック として、いつも通り、Microsoft AutoUpdate を起動してみると、以下のような小さなダイアログが表示されます。

20191010-1-1.png 
利用可能な更新プログラムの数と、"更新" ボタンのみ。さらに、"詳細設定" をクリックすると....

20191010-1-2.png
更新チャンネルの選択画面になります。ちょうどこの部分は、前回の更新の画像が以下の通りなのでだいぶ変わりました。

20101008-1-1.png 20191008-1-2.png
では今回の更新内容はどうやって表示されるのか? "更新" をクリックしてみると....

20191010-1-3.png

更新内容と、現在のプログラムのバージョンが表示されます。今回は、Microsoft Edge の更新のみでしたのですぐに完了してしまいましたので、その状況は画像からはわかりませんが、次回以降、Update の情報をお伝えする際には、またキャプチャーできるかと思います。

Catalina に変わって、何か? Office もさらに変わったような新鮮な気持ちになりますね。


【更新】

よくよく、上記画像の更新内容を見ると、10/8 に Microsoft AutoUpdate も、Ver.4.16 に更新されてました。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 08:49| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする