2017年02月19日

Event Monitor というポップアップが表示される Part 2

以前にも一度取り上げたことがありましたが、ちょっと変わった事例が出てきましたので、参考までにご紹介いたします。

Event Monitor というポップアップが表示される

以前ご紹介した "Event Monitor" というポップアップ画面。

20161102-1.jpg

こうしたプログラムのポップアップ画面が出るタイミングは、今までであれば、ブラウザを起動した時や、PCが起動していると頻繁にポップアップが表示されるケースはありました。

今回、ちょっと珍しかったのは、Adobe Acrobat DC が動作しようとすると、このポップアップ画面が表示されるというケースがありました。

仕組みは簡単で、タスクスケジューラーの中に、Adobe Acrobat Reader DC が起動したときには、Event Monitor も同時に起動するようにタスクが登録されているというもの。

駆除方法としては、前回同様、

Cドライブ>ユーザー>(ログインユーザー名)>Roaming
と開くと、"Event Monitor" というフォルダがあるので、これを削除すること。

さらにタスクスケジューラーに登録されたものを削除するわけですが、このあたりは、"Autoruns for Windows" を利用して、検索するとすぐに見つかりますので、見つかったら、右クリックして Delete で削除してしまいます。

この "Event Monitor" については、必ずタスクスケジューラーも確認しておく必要がありますが、一見、どれが "Event Monitor" なのか?一つ一つ確認する必要がありますので、ご注意ください。一つ一つ確認するのが面倒であれば、やはり Autoruns for Windows をご利用いただいてチェックするのがよろしいかと思います。

また当然ですが、くれぐれも電話などは絶対しないようにご注意ください。

それにしても、今回のように何かのプログラムの動作と関連づけてポップアップ画面を出すなんてこともあるんですね...


posted by クリック at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

Office2016が原因で、画面がフラッシュする

すべての方が対象というわけではありませんが、一部の環境で、Office 2016 をご利用で、デスクトップの画面がフラッシュするという症状が発生するケースがあるようです。


【発生する環境】

Office 2016 ビルド 16.0.7668.2066 
がインストールされたPC


【回避方法】

Office をUpdateして、ビルド7668.2074以降に更新すること


詳細な手順は以下の参照させていただきましたサイトにでていますが、ビルド 16.0.7668.2066にUpdateしたことで追加されたレジストリのキーの一部を削除したうえで、Updateをかける必要があるようです。

Windows7でご使用のケース、Windows8.1や10でご使用のケースと、OSによっても多少操作も異なりますので、詳細は参照させていただいた、Office Support Team Blog JAPANをご確認ください。


<参照>

Office 2016 ビルド16.0.7668.2066 の環境で、デスクトップ画面がフラッシュする/Office Support Team Blog JAPAN

posted by クリック at 17:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MicrosoftOffice共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

Amazon Assistant の削除について

だいぶ前に取り上げた Amazon Assistant に関する記事については非常に多くのアクセスをいただいております。

"Amazon アシスタント" がインストールされてしまう


ただし去年の暮れぐらいからときどき "Amazon Assistant が削除できない!" とか、"削除しても、再起動するとまたインストールされてしまう!" などといった報告をいただいたり、またMSコミュニティなどでもそうした相談を見かけたりするケースが多くなってきました。

ちょうど最初に取り上げたのが、2016年1月25日と、ほぼ1年前の話で、確かにこの時には普通にアンインストールもできたし、Amazon Assistant だけではなく、Amazon 1Button App Service についても削除ができたのに、状況がだいぶ変わってきたようでしたので、再度自分のPCに導入してその実態を確認してみました。

インストールから削除まですべて書き出すときりがないのでこの記事では、なぜ削除できないのか? そしてどうやって削除したらいいのか?という点だけご紹介させていただきます。


【削除しても再起動すると再インストールされてしまうのはなぜ?】

確認してみた結果からいうと、Amazon Assistant だけを削除しても、Amazon 1Button App Service が動いていると、再起動すると自動的に、Amazon Assitant がインストールされてしまいます。

つまりせっかく削除してもAmazon 1Button App Service が、Amazon Assistant を自動で再インストールさせていることがわかりました。

また、この Amazon 1Button App Service は、今回導入して検証したところでは、以前と異なり、プログラムの一覧には表示されないので、通常のアンインストールの方法では削除ができません。

つまり、この "Amazon 1Button App Service" をなんとかする必要があるわけですね。

ただしご利用環境はそれぞれ異なるので一概には言えませんが、仮に、"Amazon 1Button App" がプログラムのアンインストールを開いた時に一覧に表示されているよ?と言う場合には、Amazon Assistant を削除したら必ずこちらも削除してください。これも以前なら、Amazon Assistant を削除すれば削除されたんですが、現在は削除できないかもしれません。
今回は、Amazon Assistant を導入した後で、Amazon 1Button App が、表示されているケースは確認できませんでしたが、別途 Windows8.1 のPCで、Amazon 1Button App のみをインストールして、普通にプログラムのアンインストールで削除した場合には、問題なくサービスも削除されていましたが、Windows10 のPC ではプログラムを導入後削除しても、サービスまではやはり削除されませんでした。

では具体的に削除する方法をご紹介します。


【Amazon Assistantを削除する】

まずアンインストールする前に、サービスとして動作している "Amazon Assistant" と "Amazon 1Button App Service" を停止させる必要があります。

1) Windowsキー+R にて、ファイル名を指定して実行の画面を出して、"services.msc" と入力しエンターします

20170210-5-1.jpg

2) サービスの一覧が表示されますので、"Amazon Assistant" と "Amazon 1Button App Service" を順にダブルクリックして開いて、サービスを停止させ、さらに スタートアップの種類をも、"無効" にしてしまいます

20170210-5-2.jpg
20170210-5-3.jpg 20170210-5-4.jpg
20170210-5-5.jpg 20170210-5-6.jpg

3) 次に改めてコントロールパネルから、プログラムのアンインストールと開いて、Amazon Assistant を削除します。Windows10 の場合、スタート>設定>システム>アプリと機能 からでも削除できれば、どちらからでも結構です(今回うちのWindows10では、Amazon関連ツールが2つありましたが、1つは削除できたものの、もう一つはグレーになって、削除もできない状態でした。ただしコントロールパネルからでは削除ができたので、従来からあるコントロールパネル>プログラムのアンインストール にて削除しました)

4) ここで一端PCを再起動します。再起動後は、Amazon Assistant が再インストールされるという症状からは解放されているはずです。さらに、"Amazon 1Button App Service" が参照している、Cドライブ>Program Files(x86)フォルダ内にある、"Amazon" フォルダをフォルダごと削除します。

先ほどのサービスの一覧を表示させると、まだしつこく "Amazon 1Button App Service" は残っているはずなので、こちらを開けば、どこのプログラムを参照しているかご確認いただけます。

このフォルダが削除できないというお話もネット上では見受けられましたが、サービスを停止して、さらにスタートアップも無効にしておけば、何も問題なく削除できました

20170210-6-2.jpg 20170210-6-3.jpg
20170210-6-4.jpg

"Amazon" フォルダを削除してしまえば、実体はなくなるので、Amazon 1Button App Service も起動できませんし、仮に有効に戻しても何も起きなくなります。

こちらについては実際に削除後、サービスを有効にして確認してみましたが、当然ながら実行するプログラムがないので何も起きませんでした。

さてご覧いただいたように、この手順で削除すれば、Amazon Assistant はとりあえず、削除して再起動しても、インストールされなくなります。(今後のことを考えて、最低限、Java の更新がかかってまたインストールされることがないように Java の設定を変更し、スポンサーからのオファーを表示しない設定にしておきましょう!)

JavaのUpdateの際にスポンサーからのオファーを表示させない


とりあえず動かなくなって、再起動したら再度インストールされてしまうと言う症状が改善すれば OK と言う方はここで終わりでもいいと思います。


この先は "どうしてもきれいに削除したい!" と言う人向けのレジストリを含めての削除についてご紹介です。


【サービスの削除】

実は、Amazon 1Button App Service については、プログラムのアンインストールで削除できればきれいにサービスもなくなるんでしょうけど、今回 Windows 10 で試したところでは、このプログラムが、インストールされたプログラムの一覧にもないため、アンインストールができませんでした。

最初にご紹介した削除方法で、プログラムの実態はなくなったのですが、再度、service.msc にて確認すると、サービスの一覧には、まだ "Amazon 1Button App Service" が残ったままでした。

20170210-7-4.jpg


おまけにこのサービス、コマンドで確認すると、

1) sc.exe query state="all"
として確認すると、一覧にはありましたが、

20170210-7-7.jpg

2) sc.exe delete Amazon 1Button App Service
として削除しようとしましたが、そういったサービスはないとはじかれてしまいました

20170210-7-5.jpg 20170210-7-6.jpg


確かに、Autoruns for Windows を利用して、サービスのタブを開いても、サービスとして表示されていませんでした。唯一、Autorunsで引っかかってきたのは、"Amazon 1Button App Configuration" でしたので、こちらも削除しておいた方がいいかと思います。

20170210-7-1.jpg 20170210-7-2.jpg
20170210-7-3.jpg

* Autoruns for Windows で確認したところでは、
HKLM¥SOFTWARE¥WOW6432Node¥Microsoft¥Active Setup¥Installed Components のところに、"Amazon 1Button App Configuration" と言うエントリーがありましたので、Amazon 関係は不要なので削除させていただきました。ただしそれ以外の項目は、Autorunsでは検出されませんでした。

最終的に結果としては、レジストリエディターを起動して、サービスを直接手動で削除することにしましたが、サービス自体は、

20170210-7-8.jpg

HKEY_LOCAL_MACHINE¥System¥CurrentControlSet¥Services

と開くと、ここに "Amazon 1Button App Service" がありますので、右クリックして削除してしまいます。

後は、PCを再起動。

20170210-7-9.jpg

再起動後には、サービス自体もなくなってすっきりしたと思います。


今回いろいろインストールして、Amazon 1Button Appアプリのみインストールしてもみたり試したんですが、たまたまなのか?OSによっても挙動がだいぶ違い Windows8.1 では、プログラムのアンインストールに追加されて、そこから削除することもできましたが、Windows10 上では、プログラムの一覧には追加されませんでしたので、やはりプログラムのアンインストールでは削除できませんでした。

とりあえず削除法のみご紹介しましたが、これまで何度か削除を試みたものの、うまく削除できないと言う方は、こちらでご紹介させていただいた方法で、一度お試しください。

ポイントは、サービスを停止して無効にすること。そうすれば、Amazonフォルダ内の実行プログラムもフォルダごと一気に削除することができます。

それにしてもこのアプリ。どんどん面倒になりますが、この後もっと面倒にならないことを祈るばかりです。

まぁ、Amazon については、私もしょっちゅう買い物をしますし、便利だとは思いますが、こうした余計なツールが配られたり、いつの間にかインストールされてたりすると、やはりちょっと迷惑ですよね。。。


posted by クリック at 12:41| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Windows全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

遅れましたが、Mac 版の Office Insider Fast に、2月8日付けで更新プログラムの提供がありましたのでご紹介いたします。

20170213−1.png

今回は、以下の更新プログラムが提供されております。

・PowerPoint Update 15.32.0(17020800)
・Outlookv Update 15.32.0(17020800)
・Excel Update 15.32.0(17020800)
・OneNote Update 15.32.0(17020800)
・Word Update 15.32.0(17020800)

いつもながら特にどこが変わったよ?という情報はないようです。

ちなみに、Insider Slow の場合には、2月8日現在、Ver. 15.31 が提供されていますが、内容については、US版の MS コミュニティに以下のように UP されております。あくまでもご参考まで。

Announcing February Insider Slow update for Office 2016 for Mac (version 15.31)

さて更新内容が特にUpされていないので、各アプリを起動して、新機能が追加されているかどうか?確認してみましたが、特に最新情報としてはありませんでした。

おいおい使いながら内容を確認してみたいと思います。


<参照>

Office 2016 for Mac の新機能と改善点

posted by クリック at 22:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

法人向けOffice 365 で、Office Insider に参加する Part 2

以前にもご紹介したことがありましたが、以前の場合、Windows版のOfficeでは、Insider Slow までしか利用できませんでした。

Office Insider に参加する

これが昨年10月にもご紹介しましたが、Windows版でも Insider Fast の選択も可能になり、コンシューマー向けの製品での導入方法については、上記にあるようにご紹介いたしました。

本来 Insider Program が、Official Site にも、"Office Insider は、Office 365 Solo を含むコンシューマーの Office 365 サブスクライバー向けプレビュー プログラムです" とあるように、一般のコンシューマーを対象としているプログラムなため、法人向けの Office 365 の場合には、コンシューマー向けの製品のように簡単に参加することができないようになっています。

法人向けOffice365を Office Insider バージョンに変更する

Insider Slow の導入については、上記にもあるように取り上げましたが、再度 法人向けのOffice 365 で、Insider Fast の導入方法について Part 2 として取り上げてみました。

法人向けのものについては、コンシューマー向け製品とは異なり、展開ツールを利用して、一部の製品のみしかインストールしないようにすることも可能になっています。このあたりについてはまた機会があればご紹介させていただきます。


【Office展開ツールのダウンロード】

Office Insider バージョンの導入は、"Office展開ツール(Office 2016バージョン)"のダウンロードから始まります。


1) まずは、以下のサイトにアクセスし、"Office 2016 の早期のプレビュー ビルドをインストールする (Office Insider ファースト ビルド)" にある "Office 展開ツール (Office 2016 バージョン)" をクリックし、ダウンロードサイトに移動したら、"Download" をクリックしダウンロードします

20170115-0.jpg

Office 365 の商用ユーザーが Office 2016 の新機能にいち早くアクセスする方法

20170115-1-1.jpg


2) 一旦、"名前を付けて保存" として、デスクトップなどわかりやすい場所に保存しておきます。保存が完了したら、画面下部に、"実行" ボタンが表示されますので、クリックしてインストールを実行します

20170115-1-2.jpg
20170115-1-3.jpg 20170115-1-4.jpg


3) 利用規約の画面が表示されますので、"Click here to accept the Microsoft Software License Terms" のところをクリックしてチェックを入れてから、"continue" をクリックします

20170115-1-5.jpg


4) プログラムの展開先を聞いてきますが、今回はデスクトップにして、OK で進みました

20170115-1-6.jpg

5) UAC などのメッセージが出たのち完了の画面がでますので、OK で閉じます。すると指定した場所(今回は、デスクトップ)に、"configuration" と "setup" のアイコンが作成されます

20170115-1-7.jpg 20170115-1-8.jpg


【Office Insider のインストール】

さてインストールはここからが本番です。ダウンロードした configuration.xml ファイルを修正するところからスタートします。

1) configuration.xml ファイルを、メモ帳などで開いて、情報を以下の画像にあるように修正し、上書き保存します

20170115-2-1.jpg ⇒ 20170115-2-2.jpg

* Language のところは、日本語版にするので、"ja-jp" としてみました

** 今回は、OfficeClientEdition="32" とあるように、32ビット版を導入しています

*** なお、展開ツールには様々な構成オプションがあります。その他の詳細については、リファレンス: Office 展開ツールのオプションの構成 などを参照してください


2) ダウンロードしたPCにインストールする場合にはそのまま次からご紹介するようにコマンドプロンプトを管理者として実行し行いますが、仮に他のPCに展開する場合には、"configuration" と "setup" の2つのファイルを、USBメモリなどにコピーして利用します


3) では続いて、コマンドプロンプトを管理者として実行し、

20170115-2-3.jpg

"Setup.exe /configure configuration.xml"

と入力し、エンターして実行します。

4) Office のインストールが開始されますので、あとは完了まで待ちます。

20170115-2-4.jpg 20170115-2-5.jpg
20170115-2-6.jpg


5) 完了したらスタートボタンを押してメニューを確認してみましょう。Word2016、Excel201 などがきちんと登録されているはずです。

20170115-2-7.jpg


さてここまで見てきて、何かお気づきになりませんでしたでしょうか?

そうです。ライセンス認証って、この段階までは出てませんよね。コンシューマー製品の場合、インストールの際には最初にインストールした時に使用したMicrosoftアカウントでのサインインが要求されたり、あるいはマイアカウントホームにサインインしてからダウンロード・インストールへと進みますが、ここまでの段階では、Microsoftアカウントも、Office 365 で必要な職場のアカウントなどでのサインインも要求されず進行しています。
"Office展開ツール" をダウンロードする際においても、特に Microsoftアカウントや、Office 365 のサブスクリプションのアカウント名などでサインインする必要もありません。

ライセンス認証は、この次の段階で要求されることになりますので、さっそく見てみましょう。



【インストール完了後最初の起動】


プログラムのインストールが完了しました。でもこの段階までは、Microsoftアカウントや職場のアカウントなど、どんなものを使用するのか?など全く聞かれていません。

どのアカウントでライセンス認証をするのか?については、次の過程からになります。

では次の過程に進みましょう。

1) Word2016 を起動してみます。するとアカウントの確認の画面が表示されます。ここでは、通常PC 起動時にサインインしている Microsoftアカウント がそのまま表示されますが、Office 365 のアカウントが別の場合には、"変更" をクリックしてサインインしなおします

20170115-3-1.jpg


2) Officeライセンス認証の画面が表示されますので、Office 365 Pro Plus のアカウントでサインインします

20170115-3-2.jpg 20170115-3-2-1.jpg
20170115-3-2-2.jpg


3) 変更を適用するため再起動を求められますので、一旦Word2016を終了して再起動します

20170115-4.jpg


4) 再起動後、Word2016を開くと、"最初に行う設定です" という画面が表示されますので、"同意する" をクリックします

20170115-5.jpg


5) Wordが起動したらアカウントからライセンスを確認してみましょう。更新オプションのところには、"Insider ファースト" と表示されていることが確認できると思います

20170115-6-1.jpg 20170115-6-2.jpg


6) Office 365 のマイアカウントに入って確認すると、インストールされているデバイスとして追加されていることがご確認いただけると思います。なお、Office 365 のPortalサイトのインストールステータスのところでは、現在このライセンスでインストールされているデバイスが表示されますが、この画面から、"非アクティブ化" することで解除することも可能です。製品の管理はこちらの画面で行います。

20170115-7.jpg


ということで、今回は、法人向けのOffice 365 Pro Plus の場合の Insider Fast 導入方法でした。 




<参照>

Office の機能改善にご協力ください/Office Insider Official Site
Office 365 の商用ユーザーが Office 2016 の新機能にいち早くアクセスする方法
リファレンス: Office 展開ツールのオプションの構成
Office 365 ProPlus の展開時に一部の Office プログラムを除外する
Office 365 でユーザーのソフトウェアを管理する


ボーズ・オンラインストア


posted by クリック at 12:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MicrosoftOffice共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする